×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

接客マナーの基本ガイド

接客マナーの大切さ

あまり感じのよくない接客マナーに遭遇したら、あなたはどう思いますか?中には気にしないという方もいらっしゃるでしょうが、多くの方はおそらく気分が悪くなりますよね。

仮にあなたの会社やお店で、お客様の気分を悪くさせるような接客がなされているとしたなら、文句を言ってくれるお客様がいて指摘していただけたならまだ改善の余地はあります。

しかし、何も文句を言わずに、もうココはダメだとレッテルをはられるようでしたら、特にサービス業では痛手ではないでしょうか。そして実はお客様からそっぽを向かれるというのはよくあることなのです。

このような状況から今では、「接客サービスの大切さ」と「接客サービスの向上」が意識され、多くの方に浸透しています。そして接客サービスの向上とともに取扱をする“物”だけでなく接客サービスでも競争は激化しているのです。

接客マナーの基本を確認

写真 このように現在では接客サービスでも大競争時代だといえるでしょうが、ただライバルと比べて特別な接客が必要なわけではないのです。

また、接客マナーも業種によってもずいぶんと異なりますので、あなたの会社ごとによって変えなければなりません。

例えば、高級車を販売する接客と、コンビニの接客はやはり違います。お客様自身がお店に対して求めているものが違うのです。

コンビニで高級車の販売会社のような丁寧な接客をすれば、お客様は長い時間待たされるかもしれませんからね。

写真 お客様自身も都合がありますし、例えばあまり話したくないから、ドライな店にと思ってこの店にきたのにということもあるかもしれません。

ですから接客というのは難しいのです。ただ、様々なお客様との対応の中でもやはり接客のマナーは万人に対して通じることです。

まずは接客マナーの基本をしっかりマスターし、個別のお客様の要望に応えられるような対応を目指しましょう。

お客様にマイナスのイメージを与えないように気をつけ、そこからあなたの会社やお店の個性を展開していきましょう。